【ポーランド・グディニア港】現地ツアーでグダニスクへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グディニア港(Port Gdynia)の場所

ポーランドの港、グディニア港・Port Gdyniaです(2017年5月訪問)。

クルーズ船はこの場所に着岸しました。

スポンサーリンク

グディニア港の交通情報

港からグディニアの町の中心地までは約2キロ。

徒歩圏内ですが、タクシーもたくさん待機しています。

私達は利用しませんでしたが、歩いて1キロほどに電車の駅もあるので、グダニスクへの電車でのアクセスも可能です。

スポンサーリンク

グディニア港の様子

クルーズ船を下船すると、目の前にはクルーズ船のエクスカーションのバスがたくさん待機しています。

このまま歩いていくと、すぐに港のゲートがあり、そこにたくさんのツアータクシーが待機しています。

この写真はツアー終了後に撮影したのでタクシーは少ないですが、クルーズ船寄港直後はたくさんのタクシー(大型もあり)が待機しています。

船のエクスカーションに申し込んでいない場合は、ここで現地のツアータクシーと交渉して、自分の行きたい場所に行くことができます。

スポンサーリンク

グディニア港で現地ツアーを利用する場合

港をでると、早速、数人のタクシードライバーから声を掛けられます。

自分の行きたい場所、人数、時間、料金をその場で交渉して、折り合えばすぐにツアーに出発できます。

港によっては、おおまかなツアーコースと時間、料金も決まっていて、写真付きで説明されることありますが、グディニア港では交渉でした。

グディニア港のタクシードライバさんは自分からタクシー会社の登録書を提示してくれました。

気になる場合は登録書の提示してもらうといいと思います(南米ではよく白タクの方がいたので、笑)。

スポンサーリンク

支払いなど細かいこと

ここポーランドは、通貨がズロチ(PLN)でしたが、ツアー代金はユーロで支払いでした。

タクシードライバーとのツアーの交渉で、価格は初めからユーロで提示されます。ツアー内容と価格が折り合えばツアーに出発、支払いはツアー終了後です。

タクシードライバーさんとの会話は英語。

こちらの乏しい英語にも丁寧に対応してくれました。

スポンサーリンク

おすすめの現地ツアー

私達は現地ツアーでグディニアからグダニスク・Gdańsk (グダンスクとも呼ばれています)に行くツアーに参加しました。

ツアーの主な内容は、まずグダニスクにある岬ヴェステルプラッテ(Westerplatte)を対岸から眺める公園によってから、ヴェステルプラッテへ。

ヴェステルプラッテ第2次世界大戦が始まった場所で、大きなモニュメントがありました。

ヴェステルプラッテの詳しい説明はこちら。

ここでタクシーを降りて、自分たちで自由に観光。

場所はここです。

ヴェステルプラッテを観光した後は、グダニスクの旧市街へ。

旧市街では長めに自由時間をとって、ゆっくり観光しました。

旧市街を観光した後は、連帯記念碑(Monument to the Fallen Shipyard Workers)を見てツアーは終了。

連帯記念碑の場所。

所要6時間のたっぷりのツアーで、料金は180ユーロ(チップは別)。

私達は5人で参加したので一人36ユーロ、車は大きなベンツのバンだったので乗り心地は良く、とても良いツアーでした。

スポンサーリンク

グディニア港、おまけ情報

グディニア港に入港する際、港の入り口に防波堤がありました。

大きなクルーズ船が、このすき間を通っていきます。

昼からの下船だったので、みなさんゆっくりと最上階デッキで景色を眺めていました。