パナマ運河クルーズ、カリブ海から太平洋へ

スポンサーリンク

2015年10月、前年に100周年を迎えたパナマ運河クルーズに行ってきました。

乗船したクルーズ船はプリンセスクルーズのコーラルプリンセス。

カリブ海から太平洋に抜けるコースでした。

早朝にパナマのコロン港から、ガトゥン閘門(ガトゥンロック)へ。

スポンサーリンク

ガトゥン閘門(ガトゥンロック)

ガトゥン閘門直前、左舷からの眺めです。

動画です。

こちらは正面からの動画。

スポンサーリンク

ガトゥン閘門(ガトゥンロック)通過

ガトゥン閘門に大型客船が入っていきます。

本当にギリギリ。

ガツンロック、正面からの動画、4倍速です。

前方からの眺めはやっぱり大人気ですごい人でした。

ガトゥンロック、後方の眺め。

後方は人も少ないので、ゆっくり眺めることができました。

動画です。

ガトゥン閘門は3閘室あって一気にあがるので、眺めとしてはこのロックが一番良かったです。

スポンサーリンク

ガトゥン湖

ガトゥン閘門も抜けて、クルーズ船はパナマ運河の最高地点である海抜26mのガトゥン湖へ。

後方から、続々とタンカーがやってきています。

ガトゥン湖は最初はクリアな水でしたが、途中から濁ってきました。

太平洋側に進むにつれて、湖の幅もせまくなって、大型タンカーがすぐ横を通っていきました。

朝早く起きたので、ガトゥン湖通過中は、次のペドロ・ミゲル閘門までしばらく休憩。

スポンサーリンク

ペドロ・ミゲル閘門(ペドロ・ミゲルロック)

ペドロ・ミゲル閘門の手前にあるセンテニアル橋

ペドロ・ミゲル閘門は1閘室しかないので、あっという間に通過しました。

奥に当時建設中だった、新パナマ運河が見えます。

大型タンカーと一緒に小さいボートも通過。

ペドロ・ミゲルロック、船の後方からの眺め。

続々とタンカーが通過しています。

こうやって見てみると、下がってきたのがわかります。

ペドロ・ミゲルロックを通過して、クルーズ船はミラフローレス湖へ。

スポンサーリンク

ミラフローレス閘門(ミラフローレスロック)

ミラフローレス湖は小さいので、すぐにミラフローレス閘門へ。

ミラフローレス閘門は2閘室で、それを抜けるともう太平洋です

船の前方からの眺め。

移動して、船の後方からの眺め。

船を下げるため、どんどん水位が低くなります。

水位が低くなると、前方の門が開いて、船が動き出します。

船舶が自力で航行できないため専用の電気機関車に牽引されて前に進みます。

船が抜けると門が閉まります。

長かったパナマ運河、最後の門を抜けて、太平洋です。

動画です。

後ろからは続々と大型タンカーが。

スポンサーリンク

アメリカ橋

パナマ運河を抜けた後、最後の見所、アメリカ橋をくぐります。

遠くに超高層ビル街が、位置的にパナマシティでしょうか。

変わった建物を発見。博物館だそうです。

楽しみにしていたパナマ運河クルーズ、早朝から夕方まで満喫することができました。