【アメリカ・マイアミ港】カリブ海クルーズの拠点、クルーズ船のずらっと並ぶマイアミ港

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイアミ港(Port Miami)の場所

アメリカの港、マイアミ港・Port Miamiです(2014年10月訪問)。

カリブ海クルーズの拠点になる港なので、とても巨大です。

場所はここ。

カリブ海クルーズの拠点は、マイアミ港の他に、マイアミから北へ約40キロにある、フォート・ローダデールの港、エバーグレース港(Port Everglades)がありますのでお間違いなく。

スポンサーリンク

マイアミ港の交通情報

マイアミ港にはバスなど乗り入れていませんので、タクシーで向かうことになると思います。

タクシーの窓から見えた港
トンネルをくぐって港の島へ向かいます。

クルーズ会社の名前を伝えればそのクルーズ船のタミーナルの建物まで送ってもらえます。

私達は2014年にMSCクルーズでカリブ海クルーズに行ったのですが、その時は「MSCクルーズ」とドライバーさんに伝えたのですが、MSCクルーズを知らなかったので、一緒に探しました(笑)。

スポンサーリンク

マイアミ港、チェックイン

マイアミ港に到着後、タクシーの運転手にクルーズ船の名前を伝えれば、そのクルーズ船のターミナルビルの前まで送ってくれます。

タクシーを降りると、荷物のポーターさんがやってくるので荷物を預けます。

乗船後、各部屋に荷物が運ばれてくるのは、クルーズ船によっては遅くなることもあるので、貴重品やすぐ使いそうなものは預けないようにしましょう。

下船した人、乗船する人でごったがえすターミナル前

ターミナル内に入ると、流れにそって荷物検査、チェックインと進みます。

スポンサーリンク

マイアミ港チェクイン、ESTAの提示

マイアミ港ではチェクイン時にアメリカの電子ビザESTAのコピーの提示を求められました。

たまたまチェックインのスタッフが確認する人だったのか、必須はかはわかりませんが、その時はコピーを持っていなかったので、スタッフが裏に行って確認してコピーしてきてくれました。

その後、ESTAのコピーを持ち歩くようになったのですが、他のクルーズでフォートローダーデールの港から下船して入国審査の際、機械のトラブルが起きて、その時はESTAのコピーを持っている人から先に入国審査を通過できたので、コピーを持ってて良かったな~と思いました。

スポンサーリンク

マイアミ港の様子

とにかくマイアミ港、大きいです。

私達が訪れた時は、大型客船が6隻、縦に並んで停泊していました。

写真を撮りたくても、きれいな縦列停車なので、後ろのクルーズ船は見えません・・・。

クルーズ船からはマイアミの景色がきれいにみえます。

マイアミダウンタウンの方
マイアミビーチ方面

早朝まだ真っ暗な時にマイアミ港に到着した際、ダウンタウンの夜景がきれいでした。

スポンサーリンク

マイアミ港の出港の様子

マイアミ港はクルーズ船が縦列で停車しているのですが、数台のクルーズ船は船首が進行方向に向いていないので、広い場所で回転して出港していきます。

なので、私達が乗船していたクルーズ船の目の前を数台通過していきました。

この場所で回転します

みなさん回転して、続々と出港していきます。

こんな景色を見れるのも、マイアミ港ならではです。